投稿日:

英国王室エリザベス女王お気に入りのチョコレート

こんにちは!

今日は英国王室の御用達品紹介です♪

そして、おそらく私がご紹介する

ヨーロッパ王室御用達アイテムの中で

最もリーズナブルで身近にあって、誰もが気軽に手にすることのできる

アイテムと言えるでしょう!✨

 

?英国王室御用達

日本でも皇室御用達の商品は人気がありますが

もちろん、イギリスでも英国王室御用達や

ヨーロッパ王室御用達の商品は人気があります。

 

すでにご存じの方も多いかと思いますが

英国の王室に定期的に商品を納めているショップやメーカーに対して

王室から発行される納入許可証のことをロイヤルワラントと呼びます。

許可はお印となり、その紋章を商品のパッケージに使ったり

店に掲げたりすることができるようになるのです。

納入許可証を得るには、厳しい審査があります。

1度取得しても、5年ごとに審査が行われ、審査の結果

取得したワラントがはく奪されるケースもあります?

 

 

?エリザベス女王おきにいりのチョコレート

さて、前置きが長くなりましたが

今回ご紹介するのはエリザベス女王のお気に入りとして知られている

Bendicks Bittermintsという王室御用達チョコレートブランド✨

 

イギリスでロイヤルワラントを付ける権限を持っているのは

エリザベス女王と夫であるエジンバラ公、チャールズ皇太子

というのはご紹介しましたよね!

Bendicks Bittermintsはもちろん

エリザベス女王から認定されています。

エリザベス女王御用達の印は、ライオンとユニコーンの紋章です。

スーパーの食品売り場にもワラントが付いた商品が数多く存在します。

エリザベス女王といえば、クリスマスの時期が来ると

チョコレートを好きなだけ食べるのを楽しみにしているという

微笑ましい記事があったのも印象的です。

余談ですが、宮殿でエリザベス女王のシェフを担当していた人物は

エリザベス女王はダークチョコレートとミントチョコレート

が好きだと告白しています。

?Bendicks Bittermintsを詳しく知りたい!

Bendicks Bittermintsはエリザベス女王好みのミントチョコレートのブランド。

チョコミントというとやはり嗜好が別れると思いますが

チョコミント好きの方は食べてみる価値ありです!!

日本ではあまり見かけないですが

もちろん通販で購入可能です♪

 

?まとめ

エリザベス女王は、チョコレートビスケットやチョコレートムース

チョコレートガナッシュケーキも大好きです

 

 

そんな甘いもの好きだと健康が心配になってしまいますが?

低炭水化物の食事にこだわっており

パスタや米、ジャガイモはディナーに出さないとシェフが話しています。

健康志向のエリザベス女王ですが

エリザベス女王の母君は101歳まで生きています!

90歳を過ぎても精力的に公務をこなしているエリザベス女王ですので

女王の母君のように100歳超えの長寿を期待したいですね!

投稿日:

ベルギー王室御用達!チョコレート選

こんにちは✨

本日ご紹介するのは

ベルギー王室御用達のチョコレートです♡

日本とベルギーの外交関係は昨年150年を迎え

国王夫妻が来日したことでも話題になりました。

 

ベルギーのチョコレート

ベルギーはチョコレート大国と言われるほど様々な

ショコラトリーと呼ばれるチョコレートショップがあります。

日本でもベルギー産のチョコブランドが好きという人も多く

百貨店などで行われるフェアなどでもたくさん出店されています。

 

 

それでは!

ベルギー王室のお墨付き

ベルギー王室御用達のチョコレートブランド

紹介していきます!

 

 

?ゴディバ

まず、日本で有名なショップとしてあげられるのが「ゴディバ」です。

1926年創業で、ドラップス家が始めた「ショコラトリー・ドラップス」

という店が前身です。

1945年にゴディバと改名し、ブリュッセルに一号店をオープンさせます。

チョコレート自体の美味しさに加えて、美しく細工されていることが特徴で

世界中で愛されているブランドです。

 

見ているだけで幸せになれますね♡

 

?ノイハウス

ノイハウスはかなり歴史の深い老舗のチョコレートブランド。

スイス人のジャン・ノイハウスが

苦い薬をチョコレートでコーティングをして販売したのが始まりの店です。

この店はチョコレートの歴史の中でも重要な店で

1912年にプラリーヌという一口サイズのチョコレートを開発したのです。

プラリーヌとはチョコレートの中にフィリングなどを入れたチョコで、

他にもチョコレート専用の箱「バロタン」も考案しています。

今ではプレゼントなどに欠かせない

ひとくちサイズのチョコレートを発明したのは

ノイハウスだったのですね!

 

?ガレー

1976年に創業したガレーは

1994年に王室御用達になったチョコレートショップです。

ジャン・ガレーが創設した店で

バリエーション豊かなチョコレートバーが特に有名です。

 

チョコレートの魅力と口どけを堪能してもらいたいという考えのもと

サイズが小さめに作られており、配合が絶妙なチョコレートです♪

 

?ヴィタメール

最後はヴィダメール。

1910年に創業し、1999年に王室御用達になっています。

繊細な味のチョコレートが特徴で

それ以外にもケーキなどのスイーツも人気です。

また、斬新なアイディアのチョコーレトも発表しており

宝石のように美しいものから

動物をモチーフにしたものなど多彩な種類のチョコレートがあります。

 

おわりに

いかがでしたか?

日本でもよく見かける有名ブランドばかりですよね。

今度チョコレートを買うときは

『ベルギーの王族おきにいりのチョコレートか~』

なんで考えながら食べてみるのも良いかもしれませんね♪

投稿日:

チャールズ皇太子御用達!トリッカーズ(Tricker’s)

こんにちは!

 

今日は英国王室御用達の

 

トリッカーズ(Tricker’s)のカントリーシューズをご紹介します♪

 

英国王室御用達(ロイヤルワラント)

英国王室御用達とは、その名の通り

英国王族に愛用され

お墨付きをもらったブランドに与えられる称号のことです。

認定基準は、高品質であることと、王族に5年以上愛用されていること。

 

現在、ロイヤルワラントの認定をできるのはこの3人!

・エリザベス女王

 

・エジンバラ公

 

・チャールズ皇太子

 

ロイヤルワラントに認定されると、

認定を賜った王族の紋章を掲げることが許されます。

 

トリッカーズは、チャールズ皇太子に認定されていますので、

靴の中や

箱の表面に

 

チャールズ皇太子の紋章が入っているのが分かります♪

 

 

チャールズ皇太子とトリッカーズ

 

チャールズ皇太子がトリッカーズを愛用するようになったきっかけは

元チャールズ皇太子妃の故ダイアナ妃だといいます。

 

トリッカーズはイギリスの中でも靴生産が盛んなことで有名な

『ノーザンプトン』という街で誕生したブランドです。

そして、ノーザンプトンは、故ダイアナ妃の出身地でもあるのです。

 

そんなつながりでダイアナ妃からおすすめされたことをきっかけに

トリッカーズを愛用しはじめたチャールズ皇太子は

ロイヤルワラントとして認定したのですが

 

なんと現在、イギリスの靴メーカーの中で

ロイヤルワラントとして認められているのは

トリッカーズだけなんです!

 

そう考えるとますます

『履いてみたい!』

と思ってしまいませんか?

 

でも、海外ブランドの革靴なんて

サイズも選び方も良く分からない。。。

という方も多いのではないでしょうか?

 

 

トリッカーズが欲しい!購入方法は?

イギリスのブランドであるトリッカーズを購入するのは

日本メーカーの革靴を買うよりもかなりハードルが高いかと思います。

そこで、ここでは大きく分けて2つ、購入方法をご紹介します!

 

1.お近くのセレクトショップで探す。

→『トリッカーズ 取扱店』で検索すると、想像以上にたくさんのセレクトショップで取り扱われているのが分かります!

お近くにお店があれば、試着もできるので是非行ってみてください♪

 

2.通販店舗で買う

→サイズや履き心地を実際に確かめることはできませんが、セレクトショップが近くにない方

セレクトショップにはほしい商品がおいていなかったという方

は検討してみるのも良いかもしれません。

サイズに関する情報などはむしろセレクトショップより詳しく

情報量も多いので安心です!

おすすめは、トリッカーズファン。

返品交換可能なので、履いてみて合わなければサイズ交換もできますし

店主さんがなんでも質問に答えてくれるので安心です。

トリッカーズを通販店舗で買う

 

 

いかがでしたでしょうか?

英国王室御用達の靴

英国紳士気分になれること間違いなしです!

ぜひ参考にしてみてください。