投稿日:

ダイアナ妃のような美しいレディスタイルを知りたい♪冬のコーディネート

こんにちは!

みなさま、明けましておめでとうございます。

今年も趣味のようなものですが、お話にお付き合いいただけたら嬉しいです♪

今回は、ダイアナ妃についてお話をしたいと思います。

ダイアナ妃は、今までの王妃の中でも抜群のファッションセンスを持っていたと言われています。

中には王室御用達のアイテムも着こなしていたのでしょう・・・

ダイアナ妃のようなファッションはどこがポイントなのか

少しばかりお話していきます。

 

英国のダイアナ妃、ビジネスシーンでもエレガントでおしゃれなファッションが人気に♪

ダイアナ妃は、亡くなった現在でも人々に愛される女性の中の女性と言える素敵な人物でした。

人格も然る事ながら洗練されたレディスタイルも憧れの的だったのです。

今なおダイアナ妃のようなレディに憧れる女性もいるかと思われますが、

彼女のような冬のコーディネートのポイントはどこにあるのでしょう。

 

今では定番の「イニシャルネックレス」、ダイアナ妃が火付け役として有名

一つはイニシャルネックレスを取り入れる事です。

今やジュエリー術として定番のファッションコーディネートでもあるのですが、実はダイアナ妃も好んでイニシャルネックレスをしていたと言われています。

それどころか、今のようなベーシックなファッションになっているのはダイアナ妃が発祥とされているのです。

彼女がDの形をしたネックレスを付けていたのがトレンドを生み出し、言わば火付け役として知られています。

 

手元もぬかりなく華やかに・・・さりげない「ピンキーリング」は真似る人が続出!

ダイアナ妃ジュエリー術と言えば、ピンキーリングのアクセサリーも外せません。

こちらも現在ではお馴染みのアイテムで、小指にさりげなく指輪を入れるトレンドがあります。

実はこのファッションも彼女が先駆けて行っていました。

トリニティリングと家族に認印リングの重ね付けをしており、当時から流行の先端をいっている

今で言うところのファッショニスタとも言える存在だったのです。

 

メイクもファッションに合わせたものを取り入れる・・・トータルバランスの取り方が見事!

メイクにおいても彼女のセンスが光っています。

ダイアナ妃その日の服とアイラインをコーデするのを得意としており、

例えばブルー系の洋服ならばアイラインにもブルーを入れ、そこで組み合わせを作っていたのです。

ファッションだけでなくメイクに於いても当時から先端を行くセンスを持っていた事が分かります。

これら以外にも、眼鏡のお洒落や色付きストッキングを取り入れたコーディネート、

ネックレスの背中着けなど、当時では珍しいファッションを多く採用していました。

現在でもそのセンスが通じるところがありますので、

それだけダイアナ妃はずば抜けた感性を持ち合わせていたという事なのでしょう。

 

いかがでしたか?

ダイアナ妃の事故死は世界中の人に衝撃を与えました。

それだけダイアナ妃の存在感、そしてファッションを通じて知った人にも

心に残る人だったのかと思います。

そんなダイアナ妃のファッションセンスは、現代の若者にも影響を与えていますね。

投稿日:

ダイアナ妃に学ぶ冬のファッションコーディネート

こんにちは!

本日は王室御用達アイテムのご紹介はお休みですm(__)m

王室、と言われると真っ先に思い浮かぶ英国王室ですが

なかでもダイアナ妃が残した印象はどんな王族よりも大きいものでしたよね!

ダイアナ妃と言えば、今なお人気の高い女性の一人であります。中でも、人気の秘訣の一つはダイアナ妃ファッションではないでしょうか。

ダイアナ妃は、ワントーンコーディネートを多く着用していましたが地味になることはなく逆に奇抜な色でも華やかに着こなしていました。チョーカーやブローチをうまく使いこなすことで、どんなコーディネートも美しく華やかに着ていたのが印象的でもあります。


そんな、ダイアナ妃ですが今時期のコーディネートはどのようなものを取り入れているでしょうか。

ダイアナ妃冬服と言えば、ワンピースやパンツスタイルでも寒さを感じさせないよう明るいカラーを使用したファッションを取り入れていました。コートと帽子をお揃いにしたり、シンプルに着こなすために様々な色を混ぜないようバランス良くコーディネートを楽しんでいたと言えます。


中でも、ジミーチュウ冬靴はダイアナ妃のお気に入りでもありそれを世の女性に知れ渡ると瞬く間に人気に火が付きました。

ジミーチュウ冬靴にはヒールにカラフルなストーンが施されていたり足元がスッキリ見えるアンクルブーツなどが非常に人気と言えます。

ジミーチュウもダイアナ妃をテーマにショーを行ったりと、今なおダイアナ妃がたくさんの人々から愛されているのがわかります。

他にも、ダイアナ妃をテーマに作られた洋服もあり彼女の持つエレガントな部分をそのまま洋服にデザインされたものも人気を博しているのです。

このように、彼女のファッションセンスは今なお語り継がれ人々と触れ合うために手袋をはめることなく王室のルールを変えた姿勢は素晴らしいと言っても過言ではありません。

このように、ダイアナ妃は冬服だけではなく一年を通じて自分らしいファッションをしていた女性でもあります。王室という場にとらわれることなく、相手を差別することなく受け入れていた姿勢も着こなしを通じて感じることができます。こうしたことが、今なお愛される理由ではないでしょうか。

 

王室御用達の栄光を賜っているアイテムも魅力的ですが

王族の使用しているアイテムを参考に自分の生活に取り入れてみるのもまた魅力的ですよね!