投稿日:

高級品として名高い【王室御用達】ってどんな意味?

こんにちは!

始めてみる人にとっては気になる点だと思うのですが、たまに質問で

「王室御用達ってどんなもの?」という事を聞かれます。

今まで興味のなかった人でも、とても嬉しい質問です♪

今回は、この「王室御用達」について

ご紹介していきますね!

 

「王室御用達」ってどんな事をいうの? 特別なお客様へ優れたアイテムを納入しているブランド

王室御用達とは王様や王族がお客様で、

王族又は王室へ優れた道具等を納入していることを示す言葉です。

その選ばれたブランドや会社には「ロイヤルワラント」という名誉ある称号が授けられます。

王室御用達で有名なのが、イギリス(英国)です。

イギリスでは、王室御用達は認定式で認定を受けたブランドは

ロイヤルワラント」として、“ロイヤルアームス”という紋章を掲げることができます。

イギリスで現在認定をする権利があるのは、

エリザベス女王・エジンバラ公フィリップ・チャールズ皇太子の3人だけです。

ですので、認定の証である紋章“ロイヤルアームス”は3種類存在します。

それぞれデザインが違うので紋章を見れば、

どの方に認められているのかが分かるようになっています。

 

どれか一つでも王室御用達認定!ただし限られた期間を経たら精査がかかります

ロイヤルワラントの中には、3種類全ての紋章を獲得しているブランドもあれば

どれか1つだけを獲得しているブランドもあります。

ロイヤルワラントは一度認定されれば、その後ずっと認定され続ける訳ではなく

5年ごとにブランドは精査されます。

品質はもちろんですが価格が適正かも審査対象で、

基準を満たさなければ、王室から注文がなくなり認定は取り消しになります。

このようなイギリスの厳しい制度の中、ロイヤルワラントに認定され続けるのは

商品であれば安全性が高く、会社であれば信頼できる企業の証と言えます。

 

広告宣伝効果として使ってはいけない「王室御用達」 宣伝しなくても優秀なものとするため・・・

また、イギリスでは王室御用達であるということを

商業的な宣伝に利用してはいけないという制約もあります。

王室御用達の商品やブランドが、多くの人々から高い支持と信頼を得ることができるのは、

このような背景があるからです。

実際に、王室御用達と記載がある物とない物を比較した時には

両方素晴らしい物であっても、つい記載のある方を選んでしまうという人も多いでしょう。

王室御用達とは、王室の確かな信頼と絶え間ない努力の上に認定され掲げられていると分かると、

ますます魅力的に思えるのではないでしょうか。

 

いかがでしたか?

きちんと認められた証拠に贈られる王室御用達という紋章。

信用はもちろん、王室に認められた最上級のものとして

憧れる一品でもあります♪

投稿日:

そもそも王室御用達ってどんな意味?

こんにちは!

これまで数多くの王室御用達アイテムをご紹介してきました。。!

が、そもそも王室御用達って、どんな基準でどのように承認されているのかご存知ですか?

今日はそもそも王室御用達って何?という問いの答えを紹介していこうと思います♪

 

☆王室御用達とは

王室御用達ブランドとは、王様や王族がお客の対象となっている、優れた道具等を納入していることを言います。

日本の場合皇室があるので日本の場合は皇室御用達になります。

ただし、王室への納入実績が無いのに勝手に王室御用達と言って場合もあります。。

納入する人や会社は、王族が利用したりする物を納入しているので、特に安全性が高く他と比べてより優れた物を扱っていると評価されて社会的に認められて、人々から信頼できる企業だと言う評価を獲得でき、他方、その様な評価により従業員のモチベーションが向上します。

王室御用達と言う言葉が使用される場合ヨーロッパにあるイギリス王室が愛用している物をイメージされることが少なくありませんが、スペイン・スウェーデン・ベルギー等の王室が愛用している場合も王室御用達と言います。

 

イギリスでは王室御用達の店は、ロイヤルワラントと呼ばれている証を掲げることが許されており、ロイヤルワラントは他の店より格が違う信用性が高い優れた店と言う評価がされ、セレブ等に愛用され、多くの人の憧れるブランドになります。

 

ロイヤルワラント

ロイヤルワラントはロイヤルワラントホルダー協会が審査を行い王室メンバーが最終的に承認します。

5年ごとに再度審査をする必要があり、ロイヤルワラントと名乗る為には日々の絶え間ない努力が求められ、この厳しい制度により信頼できる優れた物の品質が保たれます。

エリザベス女王が愛用する優れたバッグをつくるロウナーロンドン・優れたノートやダイアリーをつくるスマイソン・日本でもお馴染みの優れた衣服をつくるバーバリー等がロイヤルワラントに認定されています。

これらのメーカーはイギリス国民から多くの支持を獲得しています。

現在、イギリスではエリザベス女王・エディンバラ公・チャールズ皇太子の3人がロイヤルワラントを認定する権限があり、認定した人によって紋章が異なります。チャールズ皇太子の認定を受けた物は、デザイン性や機能だけで無く環境に配慮されていると言う点が重要視されます。

 

いかがでしたか?

王室御用達アイテムの素晴らしさが少しでもお伝えできていれば幸いです♪

次回もお楽しみに!